TOP > 財務分析レポート

アルペン、2020年6月期 第2四半期
収益性が改善、増収増益に

update: 2020/02/19

アルペン、2020年6月期 第2四半期 財務数値一覧(表1)

アルペン、2020年6月期
第2四半期 財務数値一覧(表1)

アルペンの2020年6月期の第2四半期(7-12月)連結決算は、一般スポーツ用品やゴルフ用品が健闘したこともあり、増収増益を達成した。販管費のコントロールも後押しした。キャンプ用品やアウトドア関連が好調だった。ウインター関連は暖冬の影響を受けて苦戦した。

アシックス、2019年12月期 連結決算
日本、ランニングが健闘、微減収増益に

update: 2020/02/17

決算会見に臨む アシックスの廣田康人 代表取締役社長COO

決算会見に臨む
アシックスの廣田康人 代表取締役社長COO

アシックスの2019年12月期の連結決算は、日本や中華圏、主力のパフォーマンスランニングが健闘し、微減収増益となった。売上高は、為替の影響を除けば1.6%の増収。欧州を除くと、全地域において現地通貨ベースで増収を達成した。現地通貨ベースでは増収増益となる。前期に実施した構造改革の効果が表われてきている。

ゴールドウイン、2020年3月期 第3四半期
アウトドア、アスレチックが好調、増収増益に

update: 2020/02/10

好業績をけん引するアウトドア事業 (写真は原宿の「ザ・ノース・フェイス マウンテン」)

好業績をけん引するアウトドア事業
(写真は原宿の「ザ・ノース・フェイス マウンテン」)

ゴールドウインの2020年3月期第3四半期の連結決算は、アウトドアやアスレチック事業がけん引役となり、増収増益を達成した。消費増税や暖冬など逆風の強かった市況下で、2ケタ成長を遂げた。第3四半期の過去の最高業績を更新した。

デサント、2020年3月期 第3四半期 連結決算
デサントコリアや国内事業が不振、減収減益に

update: 2020/02/07

決算説明会に臨む デサントの土橋晃 取締役常務執行役員

決算説明会に臨む
デサントの土橋晃 取締役常務執行役員

デサントの2020年3月期の第3四半期(4-12月)連結決算は、デサントコリアや国内事業の不振が影響し、減収減益となった。ブランド別でも減収傾向だったが、「アンブロ」はデサントコリアのビジネスが伸びたこともあり、堅調な推移だった。

主要外資系スポーツメーカーの業績展望 Vol.4「UNDER ARMOUR」
黒字体質に改善、巻き返しを狙う

update: 2020/01/31

Under Armour、2018年度・2015年度 財務数値一覧(表1)

Under Armour、2018年度・2015年度
財務数値一覧(表1)

外資系スポーツメーカーの本決算ラッシュを控え、主要各社の業績を展望する。最終回は「UNDER ARMOUR」(アンダーアーマー社)を取り上げる。昨年度は組織の構造改革に伴う経費「Restructuring and impairment charges」(リストラおよび減損の費用)が嵩んだことから、営業損失を計上していたが、2019年度(2019年12月期)に入り、ようやく黒字回復してきた。第3四半期までは増収・黒字回復と業績は復調している。