TOP > 展示会レポート

エスエスケイ、「ジェーンスタイル」2020年秋冬展
スポーツブラのバリエーションを拡大

update: 2019/12/26

エスエスケイ「ジェーンスタイル」。 幅広い着用シーンを想定

エスエスケイ「ジェーンスタイル」。
幅広い着用シーンを想定

エスエスケイ(大阪市)が手掛けるレディススポーツアパレルブランドの「ジェーンスタイル」。2020年秋冬展では、ルーツの商材であるスポーツブラのバリエーションを拡大し、幅広い顧客層の取り込みを目指す。展開販路はGMSを中心に安定しており、収益性が高まってきた。

ユニチカトレーディング、2021年春夏展
製品事業も強化する方針

update: 2019/12/24

素材開発に加え、製品ビジネスにも力を入れる (写真は展示会場の様子)

素材開発に加え、製品ビジネスにも力を入れる
(写真は展示会場の様子)

ユニチカトレーディングは機能素材ビジネスにおいて、今後は、製品事業にも力を入れる方針だ。2021年春夏展では、夏の暑い環境下で、快適性を確保できる新しい機能素材を提案した。トレンドになりつつある、エコ対応の再生素材にも力を入れている。

エスエスケイ「ヒュンメル」 2020年秋冬展
「ヒュンメル プレー」を拡充

update: 2019/12/23

スポーツ愛好家のオフ着に位置付ける 「ヒュンメル プレー」

スポーツ愛好家のオフ着に位置付ける
「ヒュンメル プレー」

エスエスケイ(大阪市)のアスレチックブランド「ヒュンメル」の2020年秋冬展。タウンやライフスタイルを意識した新しいカテゴリー「ヒュンメル プレー」を拡充する。安定しているチームビジネスに加え、新規客の獲得を目指す。

東洋紡、2021年春夏 繊維総合展
エコ素材への関心が高まる

update: 2019/12/16

スパンデックスを使用しない ストレッチ素材「ニュートロン™」

スパンデックスを使用しない
ストレッチ素材「ニュートロン™」

東洋紡グループの繊維総合展「IC&I:市」の2021年春夏シーズンは、「化布技(かぶき)」をテーマに、新しい機能素材を提案した。東洋紡STCでは、主力分野の1つ「スポーツ」において、スポーツシーンのほか、ビジネスやカジュアルを意識した素材も企画した。また日本国内でも、エコ素材への関心が高まってきた。

旭化成アドバンス、機能素材展「LIVEGEAR™」2021年春夏シーズン
再生素材「エコセンサー™」を再強化

update: 2019/12/05

「ECOSENSOR™」素材を採用した ダウンジャケットの表地。 「パフォーマンスデイズ」で賞を獲得した

「ECOSENSOR™」素材を採用した
ダウンジャケットの表地。
「パフォーマンスデイズ」で賞を獲得した

旭化成アドバンスは、機能素材展「LIVEGEAR™」の2021年春夏シーズンにおいて、 再生素材「ECOSENSOR™」(エコセンサー)をリブランディングし、再強化を図る。リサイクル素材を100%使用している機能性素材で、織物・ニット両方を展開する。