TOP > イベントレポート

スポーツ関連企業の合同展「SIMEx2019」
脱“顧客の囲い込み”、共同で集客を図る

update: 2019/06/26

スポーツ関連企業の合同展 「SIMEx2019」(写真は大阪展会場)

スポーツ関連企業の合同展
「SIMEx2019」(写真は大阪展会場)

スポーツ関連企業9社が集まり集客を図る合同展「SIMEx2019」(シーメックス)が6月に、東京と大阪で開催された。主要スポーツ企業では、自社製品を特定の顧客に提案する“個展”が主流だが、同展示会では企業の垣根を取り払い、共同で集客、受注を目指している点が目新しい。

大阪発のエンドユーザー向け体験型スポーツイベント「Ex-CROSS」
特別ゲストの鈴木大地スポーツ庁長官「“SOIP”でスポーツへの投資を促す」

update: 2019/03/07

「“SOIP”でスポーツへの投資を促す」と語る 鈴木大地スポーツ庁長官

「“SOIP”でスポーツへの投資を促す」と語る
鈴木大地スポーツ庁長官

大阪発のエンドユーザー向け体験型スポーツイベント「Ex-CROSS」(エクス-クロス)が過日の2月22-23日の2日間、大阪・梅田のグランフロント大阪周辺を会場に開催された。特別ゲストとして招待された鈴木大地スポーツ庁長官は、「『ワールドマスターズゲームズ2021関西』が開催されることもあり、関西におけるスポーツ産業の振興に期待したい」と語った。

ミズノのベースボールビジネス
「ミズノブランドアンバサダーズミーティング」を開催

update: 2018/12/11

アンバサダーズミーティングの模様。 新たに契約を交わした 埼玉西武ライオンズの山川穂高選手(中央)

アンバサダーズミーティングの模様。
新たに契約を交わした
埼玉西武ライオンズの山川穂高選手(中央)

ミズノが12月7日、大阪本社で「ミズノブランドアンバサダーズミーティング」を開催した。用具使用契約を結ぶ国内外のプロ野球選手が一堂に会し、来シーズンに使用する用具について、同社の担当者と話し合う機会だ。エンドユーザーへ「ミズノ」ブランドをアピールする“大使”として重要な役割を担う契約選手との真剣勝負の場である。

大阪商工会議所、「スポーツハブ KANSAI」
ISPOとの連携シンポジウムを開催

update: 2018/11/12

「スポーツハブ KANSAI」において、 ISPOなど様々な報告や方針が紹介された (シンポジウムの模様)

「スポーツハブ KANSAI」において、
ISPOなど様々な報告や方針が紹介された
(シンポジウムの模様)

大阪商工会議所が主催する関西のスポーツ産業を振興する目的で実施されている「スポーツハブ KANSAI」。去る11月8日、ISPO(International Trade Fair for sports business)を主宰するメッセ・ミュンヘンのISPOグループディレクター、トウビアス・グローバー氏らを招き、連携シンポジウム「グローバル視点が考えるスポーツビジネスの未来」(ISPO日本事務局、大阪商工会議所の共催)を開催した。

堺市と(社)日本プロ野球選手会が野球体験イベント
(社)野球・ソフトボール活性化委員会が運営サポート

update: 2018/03/28

球活委員会が堺市、日本プロ野球選手会と 共同会見を開いた (左から球活委員会の久保田代表理事、 堺市の竹山市長、 日本プロ野球選手会の森事務局長)

球活委員会が堺市、日本プロ野球選手会と
共同会見を開いた
(左から球活委員会の久保田代表理事、
堺市の竹山市長、
日本プロ野球選手会の森事務局長)

(社)野球・ソフトボール活性化委員会(球活委員会)が3月26日、堺市と(社)日本プロ野球選手会と共同で会見し、今年12月に堺市を舞台に、未就学児を対象にした「野球体験イベント」を開催すると発表した。