TOP > 企業レポート

ミズノ、“アクティベーション技術”に着目した
新コンセプトのトレーニングシューズ

update: 2019/06/25

「TC-01」シューズを手にする 佐藤夏樹技術開発課長(右)と 鷲見将成アシスタントマネジャー

「TC-01」シューズを手にする
佐藤夏樹技術開発課長(右)と
鷲見将成アシスタントマネジャー

ミズノが“アクティベーション技術”に着目した新コンセプトのトレーニングシューズ「TC-01」を開発した。「アクティベーション」とは、「覚醒、呼び覚ます」といった意味があるという。同社が重視する機能開発のコンセプトで、他社との差別化になると考えているアプローチだ。どのような“きっかけ”で開発に至ったのか、担当者に話を聞いた。

ゴールドウインと人工クモ糸のスパイバー
“構造タンパク質素材”を採用したウエア「Planetary Equilibrium Tee」を発売

update: 2019/06/21

新しい“構造タンパク質素材” 「ブリュード・プロテイン」を採用した ウエア「Planetary Equilibrium Tee」

新しい“構造タンパク質素材”
「ブリュード・プロテイン」を採用した
ウエア「Planetary Equilibrium Tee」

ゴールドウインと、人工クモ糸を開発しているスパイバー(山形県鶴岡市)が共同で研究・開発した新しい“構造タンパク質素材”「ブリュード・プロテイン」を採用したウエア「Planetary Equilibrium Tee」を8月下旬から、「ザ・ノース・フェイス」ブランドにおいて発売する。

アディダス ジャパン
新コンセプトのシューズ「PULSEBOOST HD」を限定発売
SNSによる顧客網拡大も意識

update: 2019/06/20

新コンセプトのシューズ 「PULSEBOOST HD」

新コンセプトのシューズ
「PULSEBOOST HD」

アディダスジャパンは6月20日から、「硬度」を高めることで安定性を増したランニングシューズの新モデル「PULSEBOOST HD」(パルスブースト エイチディー)を発売する。

帝人フロンティア、ウエアラブルシステム「MATOUS™」
来春をめどに製品化を計画

update: 2019/06/19

生体情報の収集に重点を置く 「MATOUS™VS」

生体情報の収集に重点を置く
「MATOUS™VS」

帝人フロンティアが開発し、市場投入の準備を進めているウエアラブルシステム「MATOUS™」(マトウス)。スポーツ選手などに使用してもらい、その効果を検証している途上だが、来春までをめどに製品化、販売できる見通しがついたようだ。生体情報を逐一収集し、様々な問題解決につなげられるというメリットがある。

エスエスケイ、ベースボールビジネス
2019年度は105%の見通し

update: 2019/06/17

健闘した軟式バット 「ライズアーチ193」。 新色を投入する

健闘した軟式バット
「ライズアーチ193」。
新色を投入する

スポーツ卸のエスエスケイ(大阪市)が手掛けるベースボールビジネスの2019年度は、前期比105%で着地する予想だ。軟式の新作バットやユニフォーム、スパイクシューズなどがけん引役になった。来期(2020年度)は同108%で、引き続き増収を目指す。