スポーツ主要上場企業、2017年12月期 第1四半期まとめ
アディダス、プーマが増収増益を達成

update: 2017/05/22

スポーツ上場5社、2017年12月期 第1四半期 財務諸表(表1)

スポーツ上場5社、2017年12月期
第1四半期 財務諸表(表1)

2017年12月期のスポーツ主要上場企業の第1四半期が出揃った。対象企業はアディダス、プーマ、アンダーアーマー、アシックス、ダンロップスポーツの5社(順不同)。アディダス、プーマが増収増益を達成した。アンダーアーマーは増収減益、アシックスは減収減益だった。

ゼビオホールディングス、2017年3月期
競技スポーツが堅調、微増収増益に

update: 2017/05/19

ゼビオ、2017年3月期 財務諸表(表1)

ゼビオ、2017年3月期
財務諸表(表1)

ゼビオホールディングスの2017年3月期(2016年度)の連結決算は、主力の競技スポーツやスポーツアパレルが堅調に推移し、微増収・増益となった。ウィンタースポーツは苦戦したが、ゴルフはほぼ前年並みだった。

2017年3月期 連結決算③
ゴールドウイン──アウトドアビジネスがけん引し、増収増益に

update: 2017/05/18

ゴールドウイン、2017年3月期 財務諸表(表1)

ゴールドウイン、2017年3月期
財務諸表(表1)

ゴールドウインの2017年3月期(2016年度)の連結決算は、主力のアウトドアビジネスが引き続き好調で、増収増益を達成した。「チャンピオン」ブランドの事業譲渡など減収要因があった中、既存事業でカバーした形だ。

2017年3月期 連結決算②
デサント──為替のマイナス影響が大きく、減収減益に

update: 2017/05/17

デサント、2017年3月期 財務諸表(表1)

デサント、2017年3月期
財務諸表(表1)

デサントの2017年3月期(2016年度)連結決算は、為替のマイナス影響が大きく、減収減益になった。円高の影響で、売上高で106億円のマイナス効果があった。海外の主力地域――韓国および中国の現地通貨ベースでは、前年比をクリアした。

2017年3月期 連結決算①
美津濃──米州の苦戦が響き、減収減益に

update: 2017/05/16

美津濃、2017年3月期 財務諸表(表1)

美津濃、2017年3月期
財務諸表(表1)

美津濃(ミズノ)の2017年3月期(2016年度)は、米州の苦戦が影響したほか、円高による為替のマイナス要因もあり、減収減益に至った。第4四半期の売上高が当初予測を上回ったため、減収幅および減益幅は縮小した。国内事業が競技スポーツ、スポーツ施設事業の後押しもあり、堅調に推移した。

主要スポーツ上場6社、2017年3月期決算まとめ
円高の影響で利益が目減り、国内組が健闘

update: 2017/05/15

スポーツ上場6社、2017年3月期 財務諸表(表1)

スポーツ上場6社、2017年3月期
財務諸表(表1)

主要スポーツ上場6社の2017年3月期決算が出揃った。対象は、美津濃(以下、ミズノ)、デサント、ゴールドウイン、ヨネックス、ゼット、グローブライド(順不同)。国外ビジネスを展開する企業において、円高の影響で収益が目減りしたこともあり、増収増益を達成したメーカーは2社だった。増収は4社、ゼットは黒字回復した。