書籍紹介
TOP > 掲示板・新着NEWS > 株式会社 ワールド サブライセンス契約締結による「ローラ アシュレイ(LAURA ASHL...

プレスリリリース・新着ニュース

株式会社 ワールド
サブライセンス契約締結による「ローラ アシュレイ(LAURA ASHLEY)」の事業展開に関するお知らせ

ワールドグループの株式会社ワールドライフスタイルクリエーション(以下、 ワールドライフスタイルクリエーション)は、 英国ライフスタイルブランド「ローラ アシュレイ(LAURA ASHLEY)」の事業展開に関して、 マスターライセンシーである伊藤忠商事株式会社(以下、 伊藤忠商事)とサブライセンス契約を締結し、 2020年秋より、 「ローラ アシュレイ」の公式店舗、 及び日本公式ECサイトを展開いたします。

1.契約締結の経緯

「ローラ アシュレイ」は1953年にロンドンの自宅でローラとバーナード・アシュレイ夫妻によって誕生したライフスタイルブランドです。 ローラのデザインによるオリジナルテキスタイルのプリント事業から始まり、 キッチン雑貨やファッションアイテム、 ホームファニシング分野へとアイテムを拡大し、 世界20カ国以上で展開されるライフスタイルブランドへと成長を遂げています。 英国のゆとりのある暮らしを提案し続け、 色褪せることのない世界観が、 母から子へ、 そして孫へと世代を越えて愛され続けている稀有なブランドです。

日本市場においては、 1985年に1号店がオープン。 翌年にはローラアシュレイジャパン株式会社が設立され、 2017年には百貨店や路面店、 ショッピングモール112店舗、 海外(香港・台湾)に16店舗を展開、 2012年からはインテリア雑貨、 ファッション雑貨、 ステーショナリー・ウェディングドレスやユニフォームなどのライセンスビジネスをスタートしていましたが、 2018年にマスターライセンス契約満了を機に事業を終えました。 多くの顧客やブランドのファンはもちろん、 デベロッパーからも惜しまれつつ、 全店舗閉店に至りましたが、 同時に、 国内のローラアシュレイ事業の再構築を目指し、 2018年8月に伊藤忠商事がマスターライセンス権を取得。 既存のライセンスビジネスを引継ぎ、 公式店舗の展開についても検討を開始していました。

ワールドライフスタイルクリエーションは、 ワールドグループにおいて、 ライフスタイル事業の中核を担う中間持株会社として、 ファッション雑貨を中心にコスメや食品まで幅広く取り扱う「イッツデモ」などを運営する株式会社ファッションクロス、 インテリアを含めた生活雑貨を展開する株式会社ワンズテラス、 ジュエリー事業を行う株式会社ココシュニック、 革小物を提案する「ヒロコハヤシ」を展開する株式会社ヒロコハヤシの4社を管掌しています。 また同社代表の西川信一は、 ワールドグループにおいて、 家具やインテリアを中心にライフスタイルを提案する「タイムレスコンフォート」や、 世界中からセレクトしたキッチン雑貨を販売する「212キッチンストア」を展開する株式会社アスプルンドの代表取締役社長を兼務しています。

伊藤忠商事は、 「ローラアシュレイ」について、 短期的なファッショントレンドに左右されない、 不変的な価値観に支えられたグローバルブランドとして、 確たる価値を認識しており、 店舗出店を熱望する多くのファンの声も寄せられていることから、 国内の小売事業を担う事が出来るパートナー企業の選定を行っていました。 そのような中、 従前よりワールドグループの多業態・多ブランドの価値改善を支えるプラットフォームや、 ライフスタイル事業における運営実績に関心を寄せていただいており、 「ローラアシュレイ」の事業展開について両社の話し合いが進み、 今般の契約締結に至りました。

これによりワールドグループは、 ワールドライフスタイルクリエーションを主体に、 「ローラアシュレイ」の世界観を表現した公式店舗の出店及び公式ECサイトを開設し、 さらにアスプルンドの事業リソースも活用して、 国内における本格的な事業展開に取組んでまいります。

ワールドグループとしては、 ブランド事業のポートフォリオの最適化を図る上で、 非アパレル事業を強化しており、 今般の事業もその一環と位置づけています。 さらに、 「ローラアシュレイ」のブランド力を活用した成長投資として、 グループの持続的成長に貢献することを目的としています。

2.今後の事業展開

公式店舗につきましては、 2020年8月頃に都心・大都市、 都心近郊の百貨店を候補地として出店を予定しています。 また、 出店時期に合わせて日本公式ECサイトを開設いたします。 商品構成はレディスアパレル、 ファッション雑貨、 ホームファニシングで、 本国企画商品、 自社開発商品の他、 サブライセンシー企業とも連携した幅広い品揃えを行います。 事業目標につきましては、 初年度(2021年3月期)の出店は7店舗を計画しており、 5年後(2025年3月期)に30店舗、 公式店舗と日本公式ECサイト、 さらに卸事業を合わせた売上規模は30億円を目指しています。

■「ローラ アシュレイ(LAURA ASHLEY)」について

ロンドンの小さなフラットから始まったローラ アシュレイ。 英国の歴史と自然に着想を得たオリジナルテキスタイルをはじめ、 「家」と「暮らし」を美しく豊かに彩るプロダクトを提案し、 世界中で愛されるグローバルなライフスタイルブランドです。

1953年、 ローラ アシュレイはロンドンの小さなフラットで誕生しました。 創設者のローラとバーナード・アシュレイ夫妻が、 パッチワーク用の布地に好みの柄を自分たちでプリントできないかと考えたのがきっかけです。 ふたりはキッチンテーブルで試行錯誤を重ね、 シルクスクリーンによるプリントを始めます。

ローラ アシュレイのデザインは、 トレンドと一線を画したところにあります。 そのベースにあるのは、 ローラが幼少期に過ごしたウェールズでの田園生活が育んだ、 家族の絆を何より尊ぶ心と自然への敬意。 そして、 古きよき英国の文化からのインスピレーション。 こうした要素が重なりあい、 ローラ アシュレイは英国と自然を感じさせる、 上品でタイムレスな魅力を放つ独自の世界観を確立しました。 フラットの1室から始まったローラ アシュレイは、 65年以上の時を経て、 グローバルなライフスタイルブランドへと成長しました。

現在では、 英国を中心に、 ヨーロッパ、 アメリカ、 オーストラリア、 アジア等、 29カ国に約370店舗を展開し、 アパレル、 雑貨、 インテリア、 家具等の販売を行っている他に、 英国では2014年にブランド創立60周年(2013年)を記念して、 ローラ アシュレイ ホテルをオープン、 2017年にはローラ アシュレイ ティールームをオープンさせ、 ブランドの世界観を幅広く表現しています。

掲示板・新着ニュース

株式会社 ワールド サブライセンス契約締結による「ローラ アシュレイ(LAURA ASHLEY)」の事業展開に関するお知らせ (2019.11)

TEIJIN ミズノ株式会社 かまだプリント株式会社 シキボウ ビッグジョン シマセイキ 株式会社デサント ゴールドウイン グンゼ ダンス ウィズ ドラゴン PERTEX Elemental ペガサス TOYOBO 豊和株式会社