TOP > ファッショントレンド情報 > 展示会レポート チュチュアンナ、2017年春夏展 ソックスではスニーカースタイルを意識

展示会レポート
チュチュアンナ、2017年春夏展
ソックスではスニーカースタイルを意識

トレンドが分散していると分析する ソックス

トレンドが分散していると分析する
ソックス

レディスの靴下やインナーを手掛けるチュチュアンナ(大阪)の2017年春夏展。ソックスでは、昨今のトレンドを鑑み、スニーカースタイルを意識した商品を企画・提案した。インナーでは、ノンワイヤーブラを本格的に展開する。

今秋以降、インナーの専門業態を出店

スニーカースタイルを意識した企画

スニーカースタイルを意識した企画

引き続き、スポーツテイストをベースにしたスニーカースタイルがトレンドのため、ソックスではスニーカーとのコーディネートを意識したレングス・仕様の異なる3つの商材を提案した。「スニーカーから見えない」「スニーカーから見えにくい」「スニーカーから見せる」という3つのタイプだ。中でも昨今のヤングレディス層では、足首周辺の“素肌”の見せ方がポイントだそうで、こうした主要ターゲット層の要望を考慮し、タイプの異なる3つのソックスを企画した。上代価格は3足で1,000円(税抜き)。

ヤング向けソックスのトレンドは分散傾向にあるという。モノトーンからカラーバリエーションへ、盛夏はビビッド柄というトレンドが予想されるという。ディテールは刺繍や柄物に移り、履き口付近のトップレースやトップフリルなど、装飾の場所が変化すると見ている。また、1990年代を意識した“ラメ”入りソックスや、3Dプリント、網目の大きいネット系タイツなどをラインナップした。大人=キャリア向けの「レディスライン」では、ハイゲージで薄手のフィットしやすいモデルが主体だ。

 主力に育ってきた「運命のブラ」

主力に育ってきた「運命のブラ」

インナーでは、3年目の「運命のブラ」が主力に育ってきた。17年春夏シーズンも引き続き「運命のブラ」を拡充すると共に、昨年デビューした「運命のブラ」を卒業したユーザーを対象にする「美しいブラ」も強化する。そのほか、胸の谷間をしっかり作るセクシー系の「ブラックライン」が好調な推移で、同ラインも強化商材の1つだ。

そのほかインナービジネスでは、今秋以降に専門業態を出店する予定だ。駅ビルやファッションビルなどの立地で出店を進め、3年後には20店前後の店舗網を構築する計画だ。屋号も新しい名称になる見通しだという。国内事業の40%を占めるまでに成長したインナー事業を、さらに拡大・成長させる狙いがある。

(樋口尚平)

展示会レポート チュチュアンナ、2017年春夏展 ソックスではスニーカースタイルを意識

ビッグジョン ゴールドウイン グンゼ TEIJIN 株式会社デサント ミズノ株式会社 ペガサス EDWIN 豊和株式会社 かまだプリント株式会社 シマセイキ TOYOBO ダンス ウィズ ドラゴン シキボウ PERTEX Elemental フジボウ