TOP > ファッショントレンド情報 > 展示会レポート BIG JOHN 2017年春夏 50年前の加工技術に思いを馳せ...

展示会レポート
BIG JOHN 2017年春夏
50年前の加工技術に思いを馳せるジーンズ

ニュービッグウォッシング加工を施した M1のゼロケミカルジーンズ。 水もほとんど使っておらず、 最新技術でリアルなユーズド感を再現。

ニュービッグウォッシング加工を施した
M1のゼロケミカルジーンズ。
水もほとんど使っておらず、
最新技術でリアルなユーズド感を再現。

来年で50周年のアニバサリーイヤーを迎えるビッグジョンの17年春夏展示会が行われた。1967年に業界で初めて採用したワンウォッシュ加工「ビッグウォッシング」を打ち出し、デニム特有のゴワゴワ感をなくしたジーンズを広めてきた歴史にクローズアップした。

今年はさらに進化したユーズド加工「ニュービッグウォッシング」を開発。この加工は薬剤を一切使用せず、レーザー加工やオゾン脱色など新しい加工技術を重ね、リアルなユーズド感を再現したもの。今後は環境に配慮したサスティナブルな商品を提案していくという。

「ビッグジョンエア」にユーズド加工を施した ジーンズ。見た目は古着特有の重さを感じるが、 実際に持ってみるとその軽さに 多くの来場者が驚いてたそうだ。

「ビッグジョンエア」にユーズド加工を施した
ジーンズ。見た目は古着特有の重さを感じるが、
実際に持ってみるとその軽さに
多くの来場者が驚いてたそうだ。


ニュービッグウォッシングはビッグジョンの「M1」と「M3」のシリーズで採用。「ゼロケミカル」という総称で展開する。それとは別に「M1」「M3」「コンプリートフリー」の3シリーズでは、横断企画として新素材「ビッグジョンエア」を採用したアイテムも提案していく。

「ビッグジョンエア」はコットン100%のような表情がありながら「軽さ、速乾性、ストレッチ」があるオリジナル素材。履き古した様なクラシカルなジーンズに見えて、手にすると軽く、穿きやすく、ムレにくいといった快適性も備わっている。

コンプリートフリーの ペダルプッシャーデザイン。 デザインも素材も自転車乗りに 優しい1本になりそうだ。

コンプリートフリーの
ペダルプッシャーデザイン。
デザインも素材も自転車乗りに
優しい1本になりそうだ。


リピーターが増え続けている人気のストレッチジーンズ「コンプリートフリー」からは定番の5ポケットに加え、自転車やスケートボードを楽しむ人たちに向けたデザインもの、破れやほつれなどリアルなユーズド加工を施したデザインものが登場。今まで定番を愛用してきた方に別のデザインでさらに楽しんでもらえる他に、ファッションもスポーツも楽しみたい人たちに愛用してもらえるような幅広さが出た。

「ワールドワーカー」では“セットアップ”をテーマに、ナイロン、デニム、サッカー素材でコート・ジャケット・ベスト・ハーフパンツ・ロングパンツを作り、同素材または異素材でセットアップを楽しむという提案をしている。ワーク&ミリタリーがコンセプトの「ワールドワーカー」でナイロン素材を使うの珍しい。撥水素材を使ったナイロンコートは収納袋付きで梅雨時期に活用しそうだ。

コンプリートフリーでは プロインラインスケーターとの コラボプロモーションを展開

コンプリートフリーでは
プロインラインスケーターとの
コラボプロモーションを展開


16年春夏からスタートした「ビッグジョン レディース」は、もっと幅広い女性にアプローチすることを目指し、インポートデニムの雰囲気があるシリーズに刷新。50~80年代のビンテージ感を持ちつつ、今どきのシルエットに落とし込んだジーンズを展開する。すべてのシルエットに「モンロー」や「ミランダ」など外国人女性の名前を付け、その名前に合ったディテールのジーンズになっている。

ワールドワーカーの セットアップスタイル。春夏のボトムは ショートパンツを押していくとのこと。

ワールドワーカーの
セットアップスタイル。春夏のボトムは
ショートパンツを押していくとのこと。


「ブラッパーズ」からはこれまで展開してきた美脚ジーンズの他に、新たにストレートやワイドシルエットのジーンズが加わった。またメンズ商品と同様、様々な加工を施したユーズド感のあるジーンズも展開する。

ビッグジョンレディースの 「モンロー」は名前の通りマリリン・モンローから イメージさせるストレートシルエット。

ビッグジョンレディースの
「モンロー」は名前の通りマリリン・モンローから
イメージさせるストレートシルエット。

セレクトショップ向けに展開している「クリーンデニム」からは脱ベーシック・脱ノームコアの流れを意識した、遊び心のあるジーンズが登場。ワッペンを付けたり、ワッペンが付いていた跡をデザインに取り入れ、さらにそこへ刺しゅうを施すなど、1点もののような雰囲気のあるアイテムになっている。こういったデザインを活かし、卸先の店頭でワッペンのカスタマイズができるイベントなども企画提案している。

タックが入ったワイドな シルエットのジーンズには 「スカーレット」と命名。

タックが入ったワイドな
シルエットのジーンズには
「スカーレット」と命名。


50年前に国内初の洗い加工を施したジーンズを生み出し、穿き心地の良さを実現して国内のデニム産業を発展させてきた同社。今シーズンはその歴史を思い起させるような新加工や新素材の打ち出しを色んなシリーズで展開していく。


美脚を打ち出している ブラッパーズから登場したワイドシルエットの ストレートジーンズ

美脚を打ち出している
ブラッパーズから登場したワイドシルエットの
ストレートジーンズ

バックポケットを取った跡に 刺しゅうを施した手の込んだデザインが 特別感に見えるクリーンデニム

バックポケットを取った跡に
刺しゅうを施した手の込んだデザインが
特別感に見えるクリーンデニム

(ファッションライター 苫米地香織)

展示会レポート BIG JOHN 2017年春夏 50年前の加工技術に思いを馳せるジーンズ

ペガサス シマセイキ シキボウ ミズノ株式会社 豊和株式会社 フジボウ EDWIN ゴールドウイン 株式会社デサント ビッグジョン TEIJIN グンゼ ダンス ウィズ ドラゴン かまだプリント株式会社 PERTEX Elemental TOYOBO