TOP > ファッショントレンド情報 > ウエアハウス2016年秋冬展示会 定番の再構築でオリジナリティを確立

ウエアハウス2016年秋冬展示会
定番の再構築でオリジナリティを確立

ウエアハウス 注目のカバーオール、 ネルシャツなどのトップスアイテム

ウエアハウス
注目のカバーオール、
ネルシャツなどのトップスアイテム

ウエアハウスの2016年秋冬展示会(東京展)が6月14~16日で行われた。

前シーズンからの定番の再構築を今シーズンも継続。前シーズンではジーンズは5つのシルエットに集約。展開し始めてからは型数を絞られたとで、取引先やお客さまからの受注や追加発注に対してスムーズに対応できるようになったという。

今シーズンはさらにGジャン、カバーオールなどトップスアイテムの定番化を図る。Gジャンは肩幅をジャストサイズから少し幅広までの3サイズを展開。デザインはヴィンテージのリーバイスからインスピレーションされた、こだわり感もありつつ今どきなサイジングになっている。また、ジーンズを合わせた時にしっくりするサイズ感を意識しており、セットアップで着用しても良い。

ウエアハウス 気持ち肩幅が広めになっているデザインが 今年らしい

ウエアハウス
気持ち肩幅が広めになっているデザインが
今年らしい


カバーオールはレギュラー丈とショート丈の2型を提案。さらにレギュラー丈に関してはセットアップスリーブとラグランスリーブを展開する。

また、Gジャン、カバーオール共にブランケットライナーが付いたタイプがあり、ある程度寒い時期でも着ることができそうだ。

ウエアハウス USAのロゴはフェルト仕様になっており、 着て洗っていくうちに古着のような味が出てくる

ウエアハウス
USAのロゴはフェルト仕様になっており、
着て洗っていくうちに古着のような味が出てくる


毎シーズン注目の復刻アイテムとして今回は、1936年ベルリンオリンピックでアメリカ代表チームが着用したウォームアップスウェットシャツを復刻。オリンピックはスポーツウェア、スポーツメーカーにとって、世界に技術力を披露するための絶好の機会。今では当たり前に販売されている裏起毛のスウェットが、当時は最先端素材だったという興味深いエピソードが込められている。

ヘラーズカフェ ウエアハウスよりも ヴィンテージ感の濃いアウター

ヘラーズカフェ
ウエアハウスよりも
ヴィンテージ感の濃いアウター


「ヘラーズカフェ」も今シーズンはアウターに注目。ウエアハウスのGジャンよりもさらに肩幅広めのドロップショルダータイプのヴィンテージ感あるGジャンを提案する。また、スポーツ選手がベンチで着用するウォームアップジャケットをウール素材とスウェット素材で登場する。

ヘラーズカフェ メルトン素材でハードな ウォームアップジャケット

ヘラーズカフェ
メルトン素材でハードな
ウォームアップジャケット


復刻アイテムは50年代のスーベニアジャケット(スカジャン)。背中にはスカジャン特有のオリエンタルな刺しゅうが施されているが、前身は開襟タイプのドリズラージャケットになっている。サテン地のスカジャンとはまた違う大人な雰囲気で着たいアイテムである。

ヘラーズカフェ イカリに絡みつく龍と富士山のデザインが オリエンタル感漂う

ヘラーズカフェ
イカリに絡みつく龍と富士山のデザインが
オリエンタル感漂う


前シーズン、今シーズンとで定番アイテムが集約、再構築されたことで今後はよりオリジナリティをしっかり伝えていける環境が整ったようだ。

(ファッションライター 苫米地香織)

ウエアハウス2016年秋冬展示会 定番の再構築でオリジナリティを確立

ビッグジョン ペガサス EDWIN シマセイキ ヤマトミシン製造株式会社 株式会社デサント ブラザー工業株式会社 ゴールドウイン 豊和株式会社 TEIJIN フジボウ タジマ工業(株) ミズノ株式会社 ダンス ウィズ ドラゴン シキボウ PERTEX Elemental TOYOBO かまだプリント株式会社 グンゼ