TOP > ファッショントレンド情報 > チームキット 2016年春夏展 感度の高い顧客へ向けて、トレンドと品質を重視

チームキット 2016年春夏展
感度の高い顧客へ向けて、トレンドと品質を重視

「KATO’」ブランド。 ジャージー素材を使ったトップス

「KATO’」ブランド。
ジャージー素材を使ったトップス

カイタックグループのジーンズ・カジュアルアパレルを展開するチームキット(京都市)の2016年春夏展。「KATO’」「AAA」や「GRANDMA MAMA DAUGHTER」などのジーンズカジュアルブランドを出展した。メンズの「KATO’」ではミリタリーとスポーツをテーマにした。レディスの「GRANDMA MAMA DAUGHTER」では、旅をテーマにしている。

「KATO’」──ミリタリーとスポーツがテーマ

「KATO’」。 良き定番になっているベイカーパンツ

「KATO’」。
良き定番になっているベイカーパンツ

デザイナー、加藤博氏の名を冠した「KATO’」ブランドでは、ミリタリーとスポーツをテーマに、各種アイテムを企画した。スポーツテイストではジャージー素材を使ったトップスを新たに提案した。今秋からの流れであるミリタリーを意識して、ネービーとカーキのカラーを採用した。

キーアイテムのジーンズでは、ベイカーパンツが良き定番になっている。16年春夏展では素材を変えた新しいアイテムを提案した。ユーザーはライフスタイル化していると分析する。都会的な雰囲気のアイテムに人気があるそうで、「いかにきれいにみせるか」がポイントになっている。

「GRANDMA MAMA DAUGHTER」──「トロ」ラインが堅調

「GRANDMA MAMA DAUGHTER」。 堅調な「トロ」ライン

「GRANDMA MAMA DAUGHTER」。
堅調な「トロ」ライン

「KATO’」ブランドがプロデュースしたレディスブランドの「GRANDMA MAMA DAUGHTER」では、旅をテーマに機能素材を積極的に採用した。ナイロンやはっ水性素材など、実用性を重視した。

月別のマーチャンダイジングを組み、コーディネート提案を展開する。立ち上がりは、機能性素材、化繊を使用したコート。ベースアイテムのジーンズのほか、3月展開ではカラーものを企画した。

「GRANDMA MAMA DAUGHTER」。 コーディネート提案を展開する

「GRANDMA MAMA DAUGHTER」。
コーディネート提案を展開する


堅調な推移なのが、式服としても活用できる別ラインの「toro」(トロ)。ライフスタイルのテイストがベースだが、ベーシックに仕上げているため、幅広い着用シーンに活用できる点が人気を集めているようだ。国産が基本で、上代価格はメーンラインよりも高めに設定している。

(樋口尚平)

チームキット 2016年春夏展 感度の高い顧客へ向けて、トレンドと品質を重視

ゴールドウイン フジボウ EDWIN シキボウ 豊和株式会社 シマセイキ ビッグジョン ミズノ株式会社 ペガサス TOYOBO PERTEX Elemental かまだプリント株式会社 グンゼ ダンス ウィズ ドラゴン 株式会社デサント TEIJIN