書籍紹介
TOP > 財務分析レポート > 主要上場SPAアパレル企業、2018年度 決算まとめ ──インディテックス、H&M、ファー...

主要上場SPAアパレル企業、2018年度 決算まとめ
──インディテックス、H&M、ファーストリテイリング、ギャップ、エルブランズ──

主要上場SPAアパレル企業、2018年度決算 財務数値一覧(表1)

主要上場SPAアパレル企業、2018年度決算
財務数値一覧(表1)

世界規模で展開する主要な上場SPAアパレル企業の直近の2018年度決算の結果をまとめた。対象企業はインディテックス社、H&M社、ファーストリテイリング社、ギャップ社、エルブランズ社の5社(順不同)だ。1月期決算が3社と最も多い。H&M社は11月期、ファーストリテイリング社は8月期である。

増収増益は2社、ファーストリテイリングのみ2ケタの増収

全社の決算期が異なるため、厳密な比較数値ではない点に留意されたい。現時点での最新の決算数値を集約した一覧(表1、表2)を別途、添付した。5社共に増収を達成したが、増益だったのはインディテックス社とファーストリテイリング社の2社にとどまった。売上規模はインディテックスが3兆円台と頭抜けている。2兆円台でH&Mとファーストリテイリングが後を追う形だ(別表を参照)。

主要上場SPAアパレル企業、2018年度決算 売上高一覧(表2)

主要上場SPAアパレル企業、2018年度決算
売上高一覧(表2)

INDITEX(インディテックス)社の連結売上収益は261億4,500万ユーロ(約3兆2,419億8,000万円、1ユーロ=124円で換算)、3.2%増だった。営業利益は、43億5,700万ユーロ(約5,402億6,800万円、同)、1.0%増と微増。税引前利益は、44億2,800万ユーロ(約5,490億7,200万円、同)、1.8%増で増益となった。当期純利益は34億4,400万ユーロ(約4,270億5,600万円、同)、2.3%増の増益だった。

H&Mグループの連結売上収益は、2,104億スウェーデンクローナ(約2兆5,248億円、1スウェーデンクローナ=12円で換算)、5.2%増だった。販管費率が出店やオンラインへの投資の影響もあり、営業利益が154億9,300万スウェーデンクローナ(約1,859億1,600万円、同)、24.7%減と減益となった。金融項目控除利益は156億3,900万スウェーデンクローナ(約1,876億6,800万円、同)、24.8%減で同じく減益に至った。

ファーストリテイリングの連結売上収益は、2兆1,300億円(14.4%増)で2ケタの増収。売上高総利益率(粗利率)は0.5ポイント改善し、49.3%。営業利益は2,362億円(33.9%増)と2ケタの増益だった。当期利益も1,548億円(29.8%増)と2ケタの増益を達成した。主力の「ユニクロ」事業が収益に貢献した。

The Gap,Inc.(ギャップ社)の連結売上収益は、165億8,000万米ドル(約1兆7,906億4,000万円、1米ドル=108円で換算)、4.6%増と堅調な推移だった。営業利益は13億6,200万米ドル(約1,470億9,600万円、同)、7.9%減と減益に至った。税引前利益は、13億2,200万米ドル(約1,427億7,600万円、同)、7.2%減と減益。当期純利益は、法人税額が減少したことで10億300万米ドル(約1,083億2,400万円、同)、18.3%増と増益に転じた。

L BRANDS,INC.(エル・ブランズ社)の連結売上収益は、132億3,600万米ドル(約1兆4,294億8,800万円、1米ドル=108円で換算)、4.8%増と堅調な推移だった。「Bath & Body Works」(バスアンドボディーワークス)業態が健闘した。営業利益は14億3,700万米ドル(約1,551億9,600万円、同)、16.8%減で減益となった。税引前利益は、10億5,700万米ドル(約1,141億5,600万円、同)、22.1%減と減益。当期純利益は、7億8,600万米ドル(約848億8,800万円、同)、14.5%減だった。

(樋口尚平)

主要上場SPAアパレル企業、2018年度 決算まとめ ──インディテックス、H&M、ファーストリテイリング、ギャップ、エルブランズ──

シキボウ ペガサス ビッグジョン かまだプリント株式会社 フジボウ PERTEX Elemental ミズノ株式会社 ゴールドウイン シマセイキ グンゼ TOYOBO TEIJIN 豊和株式会社 ダンス ウィズ ドラゴン 株式会社デサント