書籍紹介
TOP > 財務分析レポート > L BRANDS,INC.(エル・ブランズ社)、2019年1月期 連結決算 「Bath & Body Works...

L BRANDS,INC.(エル・ブランズ社)、2019年1月期 連結決算
「Bath & Body Works」業態が健闘し増収、経費増で減益に

2019年1月期 財務数値一覧(表1)

2019年1月期
財務数値一覧(表1)

レディスインナー「Victoria’s Secret」(ヴィクトリアズ・シークレット)などを展開するL BRANDS,INC.(エル・ブランズ社)の2019年1月期連結決算は、「Bath & Body Works」(バスアンドボディーワークス)業態が健闘し増収を達成した。利益面では、経費が増えたこともあり、減益に至った。

主力の「Victoria’s Secret」は前年並みの推移に

連結売上収益は、132億3,600万米ドル(約1兆4,294億8,800万円、1米ドル=108円で換算)、4.8%増と堅調な推移だった。「Bath & Body Works」(バスアンドボディーワークス)業態が健闘した。売上高総利益率(粗利率)は37.7%(1.6ポイント減)。販売管理費が26.9%(1.3ポイント増)と増加したこともあり、営業利益が14億3,700万米ドル(約1,551億9,600万円、同)、16.8%減で減益となった。

税引前利益は、10億5,700万米ドル(約1,141億5,600万円、同)、22.1%減と減益に至った。当期純利益は、7億8,600万米ドル(約848億8,800万円、同)、14.5%減だった。粗利率は低いが、営業利益率が2ケタ台と高収益体質は変わっていない(表1を参照)。

2019年1月期 ブランド別売上高(表2)

2019年1月期
ブランド別売上高(表2)

ブランド別の売上高では、主力のレディスインナー「Victoria’s Secret」(ヴィクトリアズ・シークレット)が73億7,400万米ドル(約7,963億9,200万円、同)、0.2%減と微減収となった。ボディーケア商品ブランド「Bath & Body Works」は、46億3,100万米ドル(約5,001億4,800万円、同)、11.7%増で2ケタ増と健闘した(表2を参照)。

「La Senza」業態の店舗を売却

期末の店舗数は、2,943店(出88、退90)。そのほか、カナダを中心に展開していた「La Senza」(ラセンザ)業態の店舗130店を売却したことにより、同数の店舗が減少している(計220店の減)。

「Victoria’s Secret」は1,143店(出3、退30)。米国が957店(出2、退29)と主力市場になっている。「Bath & Body Works」は1,721店(出55、退28)。主力は米国で、1,619店(出54、退27)を展開する。

財務面では、商品回転率が6.6と前年並みの推移。粗利率が低下した分、交差比率が減少している。手元流動性資金の減少により、手元流動性比率が低下した。自己資本がマイナスの状態にある。

(樋口尚平)

L BRANDS,INC.(エル・ブランズ社)、2019年1月期 連結決算 「Bath & Body Works」業態が健闘し増収、経費増で減益に

シキボウ ペガサス シマセイキ グンゼ PERTEX Elemental TEIJIN ゴールドウイン ミズノ株式会社 TOYOBO ダンス ウィズ ドラゴン 豊和株式会社 ビッグジョン フジボウ かまだプリント株式会社 株式会社デサント