TOP > 財務分析レポート > マックハウス、2019年2月期 第2四半期決算 店頭売上が不振で減収、粗利減で損失を...

マックハウス、2019年2月期 第2四半期決算
店頭売上が不振で減収、粗利減で損失を計上

2019年2月期 第2四半期 財務数値一覧(表1)

2019年2月期 第2四半期
財務数値一覧(表1)

マックハウスの2019年2月期第2四半期(3-8月)の連結決算は、店頭売上が不振で減収となった。損益面では、売上高総利益の減少が影響し、損失を計上するに至った。第2四半期及び通期見通しを下方修正している。

新業態の出店が進む

売上高は137億700万円(9.6%減)と2ケタ近い減収。商品調達が改善したことで売上高総利益率(粗利率)は0.6ポイント改善し、52.7%となったが、金額は減少した。①チラシの販促効果の低下、②記録的な天候不順による客数の減少、③ナショナルブランドの提案不足、④低単価品の増加、などが売上減に影響した。

既存店ベースの売上高は9.5%減、客単価は4.1%減、客数は5.6%減。販管費率が2.2ポイント増、54.2%と増加した。営業損失は2億200万円、経常損失は1億4,300万円。四半期損失が7億8,500万円で、前年同期と比べ損失幅が拡大した(表1を参照)。

2019年2月期 第2四半期 商品別売上高(表2)

2019年2月期 第2四半期 商品別売上高(表2)

商品別の売上高では、各品目が軒並み減収となった。主力の「メンズトップス」は34億9,500万円(5.4%減)。「メンズボトムス」は28億8,700万円(12.6%減)と2ケタの減収に至った。「レディースボトムス」も15億9,000万円(14.8%減)と2ケタの減収だった。「キッズ」も15億5,500万円(8.8%減)と苦戦した(表2を参照)。

期末の店舗数は、413店(8増、5減)。新業態の「マックハウス スーパーストア」と「マックハウス スーパーフューチャー」を新たに6店オープンし、店舗の大型化を図った。また、低価格のキッズ品と雑貨を軸にした新業態「マックハウス アーバンストア」を、150-200坪の小型ショップ形態で展開し始めた。現在2店舗を展開するが、女性客から評価を得ている。

店頭売上は苦戦しているが、財務状態は安定している。有利子負債の計上もなく、手元流動性比率も2.2で、資金も比較的潤沢である。商品回転率は1.5で前年同期と変わらず。粗利率が増加したことで、交差比率が改善している(表1を参照)。

通期の業績見通しは、売上高293億6,000万円(4.8%減)、営業利益2億2,000万円(1.8%増)、経常利益2億6,000万円(1.5%減)。減収減益だが、利益は確保する計画だ。

(樋口尚平)

マックハウス、2019年2月期 第2四半期決算 店頭売上が不振で減収、粗利減で損失を計上

TEIJIN シキボウ TOYOBO 株式会社デサント PERTEX Elemental 豊和株式会社 グンゼ ペガサス かまだプリント株式会社 ダンス ウィズ ドラゴン ゴールドウイン ミズノ株式会社 シマセイキ フジボウ ビッグジョン