TOP > 業界ニュース > Tapestry,Inc. 2018年6月期 連結決算 「Kate Spade」が加わり大幅増収、経費増...

Tapestry,Inc. 2018年6月期 連結決算
「Kate Spade」が加わり大幅増収、経費増で減益に

《財務分析レポート》

Tapestry,Inc.、2018年6月期 財務数値一覧(表1)

Tapestry,Inc.、2018年6月期
財務数値一覧(表1)

Tapestry,Inc.(タペストリー社)の2018年6月期連結決算は、「Kate Spade」が連結対象に加わったことで大幅な増収となったが、売上高総利益率(粗利率)の減少、経費増で減益に至った。「Coach」ブランドは堅調な推移だった。

「Coach」ブランドは堅調な推移

連結売上高は58億8,000万米ドル(約6,468億円、1米ドル=110円で換算)、31.0%増。「Kate Spade」(ケイト・スペード)の株式取得により、同ブランドの売上高12億8,400万米ドル(約1,412億4,000万円、同)が上乗せされた形だ。参考に前期(2017年6月期)の財務数値表を添付した。

Tapestry,Inc.、2018年6月期 ブランド別・品目別売上高(表2)

Tapestry,Inc.、2018年6月期
ブランド別・品目別売上高(表2)

売上高総利益率(粗利率)は65.5%(3.1ポイント減)と減少した。販管費率は54.1%(3.0ポイント増)と増加したため、利益幅が縮小した。営業利益は6億7,000万米ドル(約737億円、同)、14.9%減で2ケタの減益。税引前利益は5億9,600万米ドル(約655億6,000万円、同)、21.5%減と減益に至った(表1を参照)。

ブランド別の売上高では、主力の「Coach」(コーチ)が42億2,100万米ドル(約4,643億1,000万円、同)、2.6%増と堅調な推移だった。主力の「Women’s Handbags」は22億9,800万米ドル(約2,527億8,000万円、同)、0.4%減とほぼ前年並みだった。「Men’s」が8億4,400万米ドル(約928億4,000万円、同)で4.5%増、「Women’s Accessories」が7億4,700万米ドル(約821億7,000万円、同)で3.6%増と健闘した(表2を参照)。

今期から新たに加わった「Kate Spade」の売上高は12億8,400万米ドル(約1,412億4,000万円、同)。主力は「Women’s Handbags」で、売上高は7億300万米ドル(約773億3,000万円、同)だった。

財務面は安定している。粗利率が低下したものの、商品回転率が改善したため交差比率が増加した。D/Eレシオは0.4倍と安定している。

今期(2019年6月期)の業績は、売上高が1ケタ台半ばの増収を見込んでいる。“強くて柔軟なバランスシートを維持すること”が財務上の優先事項だ。ブランドビジネスに投資するほか、新しいブランドを戦略的に獲得することも念頭に置いている。

(樋口尚平)

Tapestry,Inc. 2018年6月期 連結決算 「Kate Spade」が加わり大幅増収、経費増で減益に

TEIJIN フジボウ ビッグジョン グンゼ TOYOBO PERTEX Elemental シキボウ ダンス ウィズ ドラゴン ゴールドウイン 株式会社デサント かまだプリント株式会社 ペガサス ミズノ株式会社 豊和株式会社 シマセイキ