書籍紹介
TOP > 業界ニュース > The Gap,Inc.(ギャップ社)の2019年1月期第2四半期 連結決算 主力の米州が健闘し...

The Gap,Inc.(ギャップ社)の2019年1月期第2四半期 連結決算
主力の米州が健闘し増収、経費増で減益に

《財務分析レポート》

The Gap,Inc. 2019年1月期 第2四半期 財務数値一覧(表1)

The Gap,Inc. 2019年1月期
第2四半期 財務数値一覧(表1)

The Gap,Inc.(ギャップ社)の2019年1月期第2四半期(2-7月)の連結決算は、主力の米国が健闘し増収を達成したが、経費の増加で減益となった。カナダ、アジアも堅調な推移だった。業態別では、主力に成長した「オールドネービー」が2ケタの増収で、けん引役になった。

「Old Navy」がけん引役に

連結売上高は78億6,800万米ドル(約8,733億4,800万円、1ドル=111円で換算)、8.7%増と堅調な推移だった。売上高総利益率(粗利率)は38.8%(0.4ポイント増)と微増したが、販管費率が増加した影響で、減益に至った。四半期利益は法人税額の関係で増益となった(表1を参照)。

The Gap,Inc. 2019年1月期 第2四半期 部門別売上高(表2)

The Gap,Inc. 2019年1月期
第2四半期 部門別売上高(表2)

営業利益は6億2,700万米ドル(約695億9,700万円、同)、11.1%減と減益に至った。税引前利益は6億700万米ドル(約673億7,700万円、同)、10.3%減。四半期利益は4億6,100万米ドル(約511億7,100万円、同)、11.4%増と増益だった。

地域別の売上高では、主力の「U.S.」(米国、プエルトリコ、グアム)が63億4,000万米ドル(約7,037億4,000万円、同)、9.9%増と好調に推移した。主力業態に成長した「Old Navy」(オールドネービー)がけん引役になった。「Canada」(カナダ)も5億5,800万米ドル(約619億3,800万円、同)、9.0%増と好調な推移だった。「Asia」(アジア)は5億8,300万米ドル(約647億1,300万円、同)、2.1%増と堅調な推移だった。「Europe」(欧州)は2億8,700万米ドル(約318億5,700万円、同)、0.3%減と横ばいの推移だった(表2を参照)。

業態別では、主力になった「Old Navy」が売上高37億3,700万米ドル(約4,148億700万円、同)、12.6%増と2ケタの増収を達成した。地域別でも、けん引役の業態になっている。「Gap」は同24億2,900万米ドル(約2,696億1,900万円、同)、1.6%増とおとなしい推移だった。店舗閉鎖などリストラクチャー施策が一段落し、売上規模の大きい「U.S.」でも増収基調にある。もう1つの柱、「Banana Republic」(バナナリパブリック)は同11億6,800万米ドル(約1,296億4,800万円、同)、6.6%増と着実に成長している(表2を参照)。

財務面は安定している。商品回転率は4.6で前年同期比と同じ数値。交差比率もほぼ同じ水準にある。資本回転率が微減しているが、これは資本額が増加したことによるものだ。通期の売上高は、微増で推移すると見込んでいる。

(樋口尚平)

The Gap,Inc.(ギャップ社)の2019年1月期第2四半期 連結決算 主力の米州が健闘し増収、経費増で減益に

豊和株式会社 グンゼ シマセイキ ミズノ株式会社 ビッグジョン TEIJIN PERTEX Elemental シキボウ TOYOBO かまだプリント株式会社 フジボウ ダンス ウィズ ドラゴン ゴールドウイン ペガサス 株式会社デサント