TOP > 業界ニュース > LVMHグループ、2018年12月期 第2四半期 連結決算 主力のファッション部門がけん...

LVMHグループ、2018年12月期 第2四半期 連結決算
主力のファッション部門がけん引し、増収・増益に

《財務分析レポート》

LVMH、2018年12月期 第2四半期 財務諸表(表1)

LVMH、2018年12月期
第2四半期 財務諸表(表1)

LVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)グループの2018年12月期第2四半期(上期=1-6月)決算は、主力の「Fashion and Leather Goods」部門が好調に推移し、増収・増益を達成した。地域別でも、Japan(日本)をはじめ、欧州やアジアなどが好調な推移だった。

「Fashion and Leather Goods」部門がけん引役に

グループ全体の連結売上高は217億5,000万ユーロ(約2兆8,057億5,000万円、1ユーロ=129円で換算)、10.3%増と2ケタの増収だった。売上高総利益率(粗利率)は67.2%(2.1ポイント増)と改善した。販管費率が45.9%(0.7ポイント減)と削減されたこともあり、営業利益が45億7,800万ユーロ(約5,905億6,200万円、同)、29.1%増と2ケタの増益を達成した。四半期利益も30億400万ユーロ(約3,875億1,600万円、同)、41.2%増と2ケタの増益だった(表1を参照)。

LVMH、2018年12月期 第2四半期 部門別売上高(表2)

LVMH、2018年12月期
第2四半期 部門別売上高(表2)

部門別では、主力の「Fashion and Leather Goods」が売上高85億9,400万ユーロ(約1兆1,086億2,600万円、同)、24.6%増と2ケタの増収だった。「Profit from recurring operations」(定期的事業からの利益)は27億7,500万ユーロ(約3,579億7,500万円、同)、26.6%増と2ケタの増益だった(表2を参照)。アジアと米国が好調で、欧州は堅調だった。

ブランド別では、「ルイ ヴィトン」が好調だったほか、「クリスチャン・ディオール」は全カテゴリーで健闘した。そのほか、「Perfumes and Cosmetics」が売上高28億7,700万ユーロ(約3,711億3,300万円、同)で7.8%増、「Watches and Jewelry」が同19億7,800万ユーロ(約2,551億6,200万円、同)、7.6%増で、増収・増益と健闘した。

日本ディビジョンも2ケタの増収と健闘

地域別では、主力の「United States」(米国)が売上高50億4,100万ユーロ(約6,502億8,900万円、同)、1.5%増と堅調な推移だった。「France」(フランス)が同20億5,700万ユーロ(約2,653億5,300万円、同)、10.8%増。「Europe(excluding France)」(フランスを除く欧州)が同38億6,300万ユーロ(約4,983億2,700万円、同)、10.2%増と2ケタの増収を達成した。日本ディビジョンは売上高が15億5,400万ユーロ(約2,004億6,600万円、同)、12.4%増と2ケタの増収だった。

期末の店舗数は4,416店(期首より42増)。うち、フランスを除く欧州が1,132店(同24減)、日本を除くアジアが1,195店(同44増)と1,000店規模である。米国は754店(増減なし)、日本は414店(同2増)で微増した。

(樋口尚平)

LVMHグループ、2018年12月期 第2四半期 連結決算 主力のファッション部門がけん引し、増収・増益に

ミズノ株式会社 フジボウ TEIJIN ゴールドウイン 株式会社デサント ペガサス 豊和株式会社 シマセイキ かまだプリント株式会社 シキボウ EDWIN ビッグジョン TOYOBO グンゼ PERTEX Elemental ダンス ウィズ ドラゴン