TOP > 業界ニュース > サルバトーレ・フェラガモ 2017年12月期 第2四半期 シューズ・アジア地域が健闘...

サルバトーレ・フェラガモ 2017年12月期 第2四半期
シューズ・アジア地域が健闘、増収・減益に

《財務分析レポート》

Salvatore Ferragamo、2017年12月期第2四半期 財務諸表(表1)

Salvatore Ferragamo、2017年12月期第2四半期
財務諸表(表1)

Salvatore Ferragamo S.p.A.(サルバトーレ・フェラガモ)グループの2017年12月期第2四半期(上半期)連結決算は、商品では「シューズ」が地域ではアジアが健闘し、増収を達成した。売上高総利益率(粗利率)の低下・店舗投資など経費増により、減益に至った。「レザーグッズ」がほぼ前年同期比並み、日本ディビジョンの業績は3.4%減と減収だった。

経費増で利益が減少

グループの連結売上高は、7億1,792万ユーロ(約918億9,376万円、1ユーロ=128円で換算)、1.1%増だった。営業利益は1億482万ユーロ(約134億1,696万円、同)、22.6%減と2ケタのダウンだった。卸の在庫調整などによる粗利率の低下、および経費の増加(特に販促費)が影響した。税引前利益は9,797万ユーロ(約125億4,016万円、同)、23.3%減だった(表1を参照)。

Salvatore Ferragamo、2017年12月期第2四半期 地域別・部門別売上高(表2)

Salvatore Ferragamo、2017年12月期第2四半期
地域別・部門別売上高(表2)

販路別では、主力の「Retail」(小売事業)が4億4,969万ユーロ(約575億6,032万円、同)、4.7%増と堅調な推移だった。「Wholesale」(卸事業)は在庫の調整、米国の百貨店および韓国ビジネスの苦戦が影響し、売上高が2億5,630万ユーロ(約328億640万円、同)、4.7%減と苦戦した。

地域別では、主力の欧米市場が苦戦傾向だった。「Europe」(欧州)が卸の苦戦で売上高1億8,400万ユーロ(約235億5,200万円、同)、2.4%減。一方、「Asia Pacific」(アジア・太平洋。日本を除く)が2億7,100万ユーロ(約346億8,800万円、同)、6.1%増と健闘した。中国本土の小売事業が好調だった。韓国と香港は低調だった。規模は小さいが、「Central and South America」(中南米)も7.2%増と好調な推移だった。日本ディビジョンの売上高は、6,143万ユーロ(約78億6,304万円、同)、3.4%減と苦戦傾向だったが、小売事業は堅調だった。

商品別では、主力の「Footwear」(シューズ類)が売上高3億1,200万ユーロ(約399億3,600万円、同)、1.3%増と堅調な推移だった。規模は小さいが、「Fragrances」(フレグランス)が6.7%増と健闘した(表2を参照)。

(樋口尚平)

サルバトーレ・フェラガモ 2017年12月期 第2四半期 シューズ・アジア地域が健闘、増収・減益に

株式会社デサント ビッグジョン TOYOBO TEIJIN ゴールドウイン ペガサス EDWIN かまだプリント株式会社 シキボウ グンゼ フジボウ ダンス ウィズ ドラゴン 豊和株式会社 シマセイキ PERTEX Elemental ミズノ株式会社