TOP > 業界ニュース > 今シーズンにデビューしたレディスの新ブランド「aise」(アイセ) “都会”と“海沿...

今シーズンにデビューしたレディスの新ブランド「aise」(アイセ)
“都会”と“海沿い”の“デュアル・ライフ”を意識

《企業レポート》

今年2月に立ち上げた「aise」 (写真は大阪「ルクア イーレ」のポップアップショップ)。

今年2月に立ち上げた「aise」
(写真は大阪「ルクア イーレ」のポップアップショップ)。

婦人服や生活雑貨などを企画・販売する株式会社スポーティフ(神奈川県茅ケ崎市)が今シーズン(2017年2月)から立ち上げたレディスの新ブランド「aise」(アイセ)。生活の軸足を“海沿い”に置くという新しいライフスタイルを採り入れた。“機能性”も重視する同ブランドだが、昨今、注目度が高まっている“アスレジャー”とは一線を画している。

ステレオタイプの“ビーチライフ”からの脱却を目指す

スポーティフは1985年5月の設立以来、手描きのオリジナルのテキスタイルを生産してきた。「仕事だけではなく、日常生活も充実した時間を過ごしたいと考える人々」を意識。都会と海沿いの2つの生活空間を過ごす“デュアル・ライフ”という新しいライフスタイルを提案するため、新ブランドの「aise」を立ち上げた。“ソルト・ウオーター・ピープル”と呼ばれる海沿いに住む人々をターゲットにする。

「aise」ブランドを監修する市川麻衣子氏

「aise」ブランドを監修する市川麻衣子氏

既存の顧客には50代の女性層が多いというが、「自分のライフスタイルを持っている人へ向けて発信したい」(スポーティフ、髙井瑞恵COO)と意欲的だ。動きやすさや着やすさを考慮して、機能性に留意している。提案するシーンの1つがヨガ。そのほか、オーガニックコスメ、ヨットの帆布を使用した「スーザンホフ」ブランドのトートバッグなども取り扱っている。

ブランドを監修するのは、市川麻衣子氏。市川氏はかつて、アパレル企業・ワールドのアスレジャーを意識したブランド「アニマ」の監修にも携わっていた。「最も大事にしたいところは、ステレオタイプのビーチライフとは異なるライフスタイル。洋服だけではなく、服飾雑貨も『aise』の表現ツールの1つ」(市川麻衣子氏)だと説明する。ヨガのできるウエアもあるが、日常生活で着られるアイテムも数多く揃えた。既存のサーフカジュアルではないスタイリングを提案する。

「aise」。雑貨類はセレクト商材で取り揃える

「aise」。雑貨類はセレクト商材で取り揃える


展開アイテムは、アパレルではワンピース、ジャケット、シャツ、ニットなど。セレクト商材として、オーガニックコスメやトートバッグなどを取り揃える。上代価格は1万5,000-2万円が中心。今春、鎌倉と大阪・梅田でポップアップショップを出店したが、当面は、ブランドの世界観を演出できるセレクトショップなどのホールセール(卸)とオンラインショップでの販売が中心になる。

(樋口尚平)

今シーズンにデビューしたレディスの新ブランド「aise」(アイセ) “都会”と“海沿い”の“デュアル・ライフ”を意識

ゴールドウイン TEIJIN 豊和株式会社 ペガサス かまだプリント株式会社 株式会社デサント シキボウ フジボウ ダンス ウィズ ドラゴン EDWIN グンゼ シマセイキ PERTEX Elemental ビッグジョン TOYOBO ミズノ株式会社