TOP > 業界ニュース > V.F.CORPORATION、2016年12月期 連結決算 経費増で減収減益に

V.F.CORPORATION、2016年12月期 連結決算
経費増で減収減益に

《財務分析レポート》

V.F.CORPORATION、2016年12月期 財務諸表(表1)

V.F.CORPORATION、2016年12月期
財務諸表(表1)

アウトドアやジーンズなどアパレルブランドを展開する米国・V.F.CORPORATION(VFコーポレーション)の2016年12月期連結決算は、主力の「アウトドア&アクションスポーツ」が健闘したものの、「ジーンズウエア」「スポーツウエア」が苦戦し、微減収・減益に至った。

主力の「アウトドア&アクションスポーツ」は健闘

VFコーポレーションはアウトドアの「ザ・ノース・フェイス」や「ティンバーランド」「ナパピリ」、ジーンズの「ラングラー」や「リー」、スポーツウエアの「ノーチカ」など複数のアパレルブランドを所有している。主力は「アウトドア&アクションスポーツ」で、売り上げの約60%を占める。「ジーンズウエア」は約20%で、この2つのカテゴリーで全体の80%を占めている(表2を参照)。

V.F.CORPORATION、2016年12月期 カテゴリー別売上高(表2)

V.F.CORPORATION、2016年12月期
カテゴリー別売上高(表2)

ロイヤルティ収入を含む営業収益は、120億1,900万米ドル(約1兆3,942億400万円、1ドル=116円で換算)、0.1%減とほぼ前年並みだった。売上高総利益率(粗利率)は0.2ポイント改善したが、販管費率が2.7ポイント増加した影響で、利益が目減りした。営業利益は、14億9,900万米ドル(約1,738億8,400万円、同)、16.1%減となった(表1を参照)。しかし、利益率は営業段階で2ケタ台を維持しており、依然高い水準にある。

カテゴリー別売上高では、主力の「アウトドア&アクションスポーツ」は堅調だったが、「ジーンズウエア」「スポーツウエア」が苦戦した。米国・大リーグのユニフォームの「マジェスティック」など、ライセンスウエアの「Imagewear」が、規模は小さいが増収増益と健闘した。

財務面は安定している。商品回転率はほぼ前年並み。交差比率は193.6(4ポイント減)と200近い水準にある。資本回転率も比較的高い数値だ。D/Eレシオは0.4倍と安全圏内の数値である。                                   

(樋口尚平)

 

V.F.CORPORATION、2016年12月期 連結決算 経費増で減収減益に

豊和株式会社 ダンス ウィズ ドラゴン ゴールドウイン TOYOBO フジボウ ビッグジョン シキボウ ミズノ株式会社 ブラザー工業株式会社 EDWIN タジマ工業(株) ヤマトミシン製造株式会社 グンゼ かまだプリント株式会社 TEIJIN 株式会社デサント ペガサス PERTEX Elemental シマセイキ